暮らし・手続き

最終更新日令和3年05月27日

川棚町結婚新生活支援補助金

低所得者の婚姻に伴う新生活に係る支援を行うことにより、地域における少子化対策の強化に資することを目的として、新規に婚姻した世帯に対して住居費及び引っ越し費用の一部を一部補助します。

補助対象者

次の1~6すべてに該当する世帯が対象となります。

なお、補助を受けるためにはセミナー等の受講が必要です。

  1. 令和3年1月1日から令和4年3月31日までに婚姻届を受理された夫婦。
  2. 夫婦合算の所得金額が400万円未満。
    ※ただし、合算所得金額が400万円以上の方でも、奨学金の返済を行っている方や、離職し無職の方は、対象となる場合がありますので、企画財政課へご相談ください。
  3. 新居が川棚町内にあり、少なくとも夫婦の一方の住民票が新居の住所となっていること。
  4. 過去に結婚新生活支援補助を受けたことがないこと。
  5. 市町村民税に滞納がないこと。
  6. 夫婦共に婚姻日における年齢が39歳以下

補助対象となるもの

結婚のために令和3年1月1日から令和4年3月31日までに支払った、住居費および引越費用。

住居費:購入費、賃料、敷金、礼金、共益費、仲介手数料
(保険料、土地購入費、駐車場代、清掃代、更新手数料等は対象外)

引越費用:引越・運送業者が行った引越費用購入費

補助金の額

住居費と引越費用の合計額。ただし上限30万円。

※長崎県が国のモデル事業に採択された期間にあって、補助金の申請時点において、夫婦ともに29歳以下である場合は、上限60万円。

申請受付期間

令和3年4月1日~令和4年3月31日まで

申請方法

下記書類を作成及び添付のうえ、役場企画財政課へご提出ください。

※申請様式は企画財政課の窓口又は、町のHPからダウンロードできます。

川棚町結婚新生活支援補助金交付申請書《様式第1号

所得証明書(夫婦ともに必要)※窓口で取れる直近のもの ※離職されている方は、離職票または退職証明書

住民票謄本(婚姻後のもの)

戸籍全部事項証明書(夫婦の記載があるもの)

納税証明書(夫婦ともに必要)

住宅および引越に係る領収書等支払額がわかる書類の写し

住宅手当支給証明書 《様式第2号

[ 生活保護受給の場合 ]:支給額決定通知書の写し

[ 居住購入の場合 ]:物件の売買契約書又は工事請負契約書の写し

[ 賃貸借の場合 ]:物件の賃貸借契約書の写し

[ 奨学金の返済をされている場合 ]:所得証明書と同年の奨学金の年間返還額がわかる書類

●ご提出後、書類審査を行い、不備がなければ交付決定通知書を送付します。
お手元に届きましたら、下記書類を企画財政課までご提出ください。

補助金交付請求書《様式第6号
※補助金交付請求書により、申請者ご本人の名義口座へ振込みます。

補助金交付までの流れ

申請書類提出

提出書類の審査

交付決定※町から交付決定通知書の送付

交付請求書類提出

申請者名義口座へお振込み

申請内容に変更が生じた場合

変更交付申請書《様式第4号》に、申請時から変更が生じた分の書類を添付の上、提出ください。

川棚町結婚新生活支援事業計画書

本町の事業計画書を公表します。

この情報に関するお問い合わせ先
担当課名:企画財政課 企画振興係
電話番号:0956-82-6116
電子メール:chiiki @ town.kawatana.lg.jp
※電子メールの@(アットマーク)を半角に変換してからご利用ください。
タグ: 企画振興係, 企画財政課

関連リンク

  • 町勢要覧
  • 川棚町議会
  • 川棚町光ブロードバンド
  • 川棚町観光ガイド
  • 大崎自然公園スポーツ交流ガイド
  • ながさき移住ナビ
  • 川棚町地域おこし協力隊
  • 川棚町議会Facebook
  • 国民宿舎くじゃく荘
  • しおさいの湯
  • 大崎自然公園
  • マイナンバー
  • 長崎県河川砂防情報システム
  • ひがしかれネット
  • 経営セーフティ共済
  • 経済・財政と暮らしの指標「見える化」ポータルサイト
  • 川棚町おすすめスポット
  • イチニツイテイベント情報
  • ここdeサーチ
  • ながさき川棚グルメと器