(平成11年3月12日条例第1号)
改正
平成14年6月21日条例第18号
平成17年9月20日条例第22号
平成18年12月15日条例第41号
職員の特殊勤務手当に関する条例(昭和31年条例第7号)の全部を改正する。
(目的)
(平成18条例41・一部改正)
(特殊勤務手当の種別及び支給額並びに支給区分)
(平成14条例18・一部改正)
(手当の支給方法)
(平成18条例41・一部改正)
(委任)
別表
手当の種別区分支給額支給を受ける者備考
町税等徴収手当1日500円徴税吏員 
1件50円徴収職員
伝染病防疫作業従事手当1日1,000円伝染病防疫作業従事者伝染病が発生し又は発生する恐れのある場合において、伝染病患者若しくは伝染病の疑のある患者の救護若しくは伝染病菌の付着し、若しくは付着の危険がある物件の処理事業に従事したとき。
行旅病人取扱い手当1回1,000円取扱いに従事した者 
死亡人取扱い手当1回3,000円
犬猫処理手当1個1,300円
(平成14条例18・平成17条例22・平成18条例41・一部改正)